歯科で治療するなら早めに行くのが大切です|パパっと解決

インプラント治療の流れ

歯医者

インプラントという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。最近では歯科治療の名称としてインプラントは非常に有名になっています。ですがそもそもインプラント治療とは何かを詳しく知らないという人も多いのです。今回は最新の歯科治療であるインプラントの治療の流れについて紹介します。インプラント治療に興味がある人は是非確認しておきましょう。

インプラント治療の流れとしては、まず最初に綿密な検査や診断を行ないます。インプラント歯科治療には外科治療を要するため事前の検査が非常に大切になります。また治療前のカウンセリングには、患者さんの希望や不安な箇所をしっかりと改善して、効率よく治療を進めていくという目的があります。治療計画に患者さんが同意をしたら、早速治療を開始します。第一手術と呼ばれる段階では、人工歯を埋め込む箇所の歯肉を切り開きインプラントを顎の骨に埋め込んでいきます。患者さんの希望によって麻酔の種類を選ぶことが出来ます。第一手術後は定着期間を設けます。顎に埋め込んだフィクスチャーが身体に馴染む期間が必要なのです。定着期間には個人差があり、早い人では3ヶ月程度、長い人では半年以上かかることもあります。医師が定着を確認したら、二次手術に移ります。二次手術では埋め込んだフィクスチャーに人工歯を連結させるためのアバットメントを装着します。アバットメントの装着後、歯の炎症が収まるのを待ちます。歯茎が治ったら歯の型をとり、人工歯の作成に入ります。この際に人工歯に使用する素材や、患者さんの歯の色、形、歯並びを確認しておくことが大切です。一般的には2次手術の終了後、1週間から6週間程度で人工歯の装着治療が終わり、インプラント歯科治療の完了となります。